ちょいとドライブ

ETC購入しての高速テストランへ。

バイクじゃなくて、車です。

本体が中古なので、ちゃんと動作するか心配でしたが
作動OK。

来週は佐賀の焼きかきに行くので、テストが必要でした。

テストもOKで、朝飯抜きだったので
ランチへ。

IMG_0008_20101128135058.jpg

熊本を誇るラーメン 黒亭。

本店ではなく、支店になります。




IMG_0007_20101128135058.jpg

力合(りきごう)店。
熊本市の西南方向です。



IMG_0005_20101128135058.jpg

メニューは至ってシンプル。



IMG_0006_20101128135058.jpg

大盛りラーメンをオーダー。
こくがあって、とろみのある豚骨スープで、癖もなく
とてもうまい。
熊本ラーメンのトップであることは間違いないでしょう。
本店は熊本駅近くにあり、お客さんも多いです。
しかし、力合店のほうがうまいのではと思ってしまいます。



IMG_0180-s.jpg

熊本市西側を北上して、金峰山へ登る。



IMG_0181-s_20101128142158.jpg

山頂にはテレビ塔が立ってます。




IMG_0182-s_20101128143707.jpg

金峰神社です。



IMG_0187-s.jpg

IMG_0184-s.jpg

標高665M。気温は10度以下と ブルブル


IMG_0185-s.jpg

有明海が一望できます。
熊本新港が見えますね。



IMG_0186-s.jpg

残念ながら、天候不良で雲仙が見えにくくなってます。



IMG_0188-s.jpg

紅葉も終盤。



IMG_0189-s.jpg

きれいなので撮影しました。



IMG_0190-s.jpg

IMG_0009_20101128135034.jpg

熊本名物のひとつとして、いきなり団子という
饅頭があります。
いきなり団子専門店へ。



IMG_0010_20101128135033.jpg

IMG_0011_20101128135033.jpg

これがそうです。
1個84円でした。



IMG_0012_20101128135032.jpg

このように、さつまいもとあんこが皮で包まれてます。
さつまいもは、とても甘い。
あんこも甘さ控えめで愛称バッチリ。
皮はちょっと塩分があり、甘さを引き立てます。

熊本へお越しの際は、是非食べてくださいね。
スポンサーサイト

CBR250R 始動その後

ここ3日間、始動チェックしている。これまでは、チョーク一杯ではNG。

半分ではストールしやすい。

困った。

今日はやり方を変更してみた。

チョーク半分にして、スロットルをチョイ開け。

すると、一発でかかり、回転は4000回転へ。

スロットル調整し、2000回転を1分間。

これならいけそう。
次第に少し煙が出ている。

空燃比のずれで、空気不足は明らか。

チョークを戻して、OKに。

現在はこの方法がベスト。

めんどくさい仕方だが、やむを得ないね。

しかし、寒くなってきた。

もうすぐ12月で、今年も1ヶ月。

1年が早い。

さすがにロングツーは厳しいですが、

平地のちょい乗りで楽しみますか。

CBR250Rの始動チェック

昨日の効果確認のために、エンジン始動。

まずはチョークを全部引く。

一瞬かかる気配があったが、すぐ停止。
この事象は変化なし。

チョークを半分まで戻す。

なんとか点火。
1000回転キープで、いつ停止してもおかしくない。

マフラー温度チェック。

今度は全てのシリンダーに火がきれいに入ってる。これは効果ありと判断してもよい。

3分して、少しエンジンが温まり、1200回転へ
上昇。

再度チョークを引く。

回転が下がり、マフラーから煙が出る。
つまり濃い。

また半分に戻す。

水温計が推定60度に上昇。

全部チョークを戻して、吹け上がりOK。

ということから、キャブレター不具合だ。

原因はおそらく、チョーク系のエアー吸い込み
部のゴミ噛みしている可能性がある。

分解して清掃で直る可能性もある。

またキャブを外して整備とは、トホホ。
でもやらないと、冬の始動は厳しいし。

CBR250Rの整備は終わらない

天気が回復して、朝からテストランへと始動。

おや?
なかなか火が入らない。チョークの位置を変更とか、スロットル開度とか
色々やるが、ダメ。
チョーク中間位置でなんとか点火しているものの、
停止寸前。
マフラーのエギゾーストが熱くなっているかチェック。
2?3番はOK。
4番はぬるい。
1番は冷たい。ということは1番の失火が原因。

何回も始動トライし、チョークを戻すと
1番が熱くなってきた。
キャブレターの不具合か?
燃料が濃すぎ?

まずは電気系の見直しへ。

IMG_0014_20101123110910.jpg

2?3番入れ替えで、プラグ焼け改善したことから、
1?4番入れ替えしようとするが、1番ケーブルが
届かない。
MC22ケーブルの長いものと交換。
これでどうなるか。



IMG_0015_20101123110910.jpg

次に、アーシング。
イグニションコイルへはなかったので、
製作取り付け。
効果あるか?



IMG_0016_20101123110909.jpg

このように接続。



IMG_0017_20101123110909.jpg

ついでにOKとなったポンプを搭載。
テストしたい。



IMG_0018_20101123110909.jpg

ポンプ故障すると、立ち往生するので、
直接続できるように、常にホースを常備することに。

走ってのテストランは、下から上まで、もう完璧
100点をあげてもいいくらい。以前14000回転のトルク谷も皆無。

あとは始動性改善できれば。

これでもNGなら、間違いなくキャブレター不具合。

最悪交換が必要かも

CBR250R 燃料ポンプ故障原因

昨日、夜になぜなのか、試したくなり、
原因調査開始。

IMG_0007_20101122133016.jpg

燃料ポンプユニット。
バッテリー直結して起動すると、瞬間動くが、
すぐに停止。明らかに故障。
マニュアルでは、作動し続け、1分間に1800cc
出るとのこと。
たたいてみる。動いたが、すぐ停止。またたたくと動いて停止。
ポンプがダメなのか?



IMG_0008_20101122133015.jpg

キャップを開ける。
リレー接点のようなものが見える。
モーターはこの中にあるようだ。



IMG_0009_20101122133015.jpg


接点部が真っ黒。大丈夫かあ?



IMG_0011_20101122133035.jpg

バッテリーで起動させると、動きだして、
停止しなくなった。どうして?
接点のアークの光が凄い。
内部にスプールがあり、上下作動している
ことから、ダイヤフラムポンプでは
ないのかと推測。




IMG_0010_20101122133015.jpg

配線が外れているようで、どこにあったのか
痕跡がなく、写真のように、ここに配線が
触れると、1回作動して停止することが
わかった。
つまり、配線が外れたことが原因でした。
しかし、どこに接続すればいいのやら?



IMG_0012_20101122133035.jpg

とりあえず、配線を撤去して、ポンプ作動
を確認。
吸引と吐出圧力はOK。
配線は不要なのか?



IMG_0013_20101122133035.jpg

外した配線。
先には半田で付けていた跡が。

とりあえず、しばらくはポンプなしで
テストしていきます。
付けるかどうかは、現在未定。

そんなばかな!!

エアクリの塞ぎをして、フィーリングチェックと思い、
暖気して、出発。

うちから1KM。

失速してエンスト。セルを回す。
まったくかからない。
ガソリンOK。
電気系?
燃料系?

コックをリザーブにする。
変化ない。

チョークを引きセルを回す。
なんとかかかる気配。

そうしているうちに、エンジン復活。
なんだあ?

かかってからは問題ない。

ちょっと走る。

音量は抑えられてGOOD。
吹け上がりはOK。

10キロほど走って帰宅。

イグニッションコイルの1?4番用を
MC22予備と交換。

どうだ??

おや?

始動がよくない。

なぜ?

ガソリン供給不良ではないか。
以前ポンプの動きに疑問点があった。

一番考えられるものはラインフィルター詰り。でもチェックしてOK。
じゃあポンプか。
電源電圧13VとOK。
ポンプモーターは線間抵抗でOKとわかったので
ポンプそのものだね。
動きが渋いのだろう。

だから、買ってから始動性が悪いというのも
うなずける。

動き出したら、なんとか機能する。

冬場になっているし、気温低下で、尚、動きが
悪くなったのだろう。

えーいと外す。

IMG_0001_20101121135625.jpg

外したポンプ。



IMG_0002_20101121135624.jpg

キャブとタンクを直結。



IMG_0003_20101121135624.jpg

問題点もある。
ポンプがあるということは、キャブより低い位置に
タンク下部があるということ。
どれくらいがあるかチェック。



IMG_0004_20101121135624.jpg

目測だが、ほぼ同じレベルである。
ということは、使用上は問題ないはず。



IMG_0005_20101121135624.jpg

ポンプのコネクターをテーピングした。



IMG_0006_20101121135624.jpg

さて始動。
完璧。

コックはMC22と違い負圧コックでなく、NSRと
同じく、そのまま流すタイプ。

なので、キャブのフロートだけでガソリンを止める。
停車時は常にコックOFFとNSRと
同じ扱いをすればOK。

しかし、よくトラブルなあ。

ポンプは廃盤なので、なしでいきます。

PS:ポンプ不良の原因突き止めました。
   その内容はまたの記事で。

南阿蘇雲海撮影

早朝から、突発的に思いつきで、カメラ片手に
南阿蘇へ行った。

目的は阿蘇山雲海撮影。

天候のいい、放射冷却になったときにしか見れない。

見れますようにと祈りながら走る。

IMG_0092-s.jpg

俵山トンネルを抜けると、霧が凄い。
ということは、やったね。

ここは俵山の登りより。

日の出前。



IMG_0094-s.jpg

IMG_0099-s.jpg

IMG_0100-s.jpg

ご来光でーす。



IMG_0101-s.jpg

IMG_0102-s.jpg

IMG_0106-s.jpg

風車も朝日を浴びてきれいですね。



IMG_0107-s.jpg

カメラマンも大変多かったです。



IMG_0108-s.jpg

あの湯気は数年前から噴気したもの。



IMG_0109-s.jpg

俵山展望所です。



IMG_0110-s.jpg

でっかいぞー!


IMG_0112-s.jpg

風車郡は壮観ですよ。



IMG_0113-s.jpg

先には久住山も見えます。



IMG_0115-s.jpg

早起きは三文の徳といいますが、本当ですね。

次はラピュタ道の雲海撮影に望みます。

まだまだ素人カメラマンですが、頑張って腕を上げます。

by EOS 7D。

CBR250R 完全復活??

イグニッションコイルを交換してのテストランを
朝から走る。

50キロほど、おとなしく走り、プラグチェック。

2番のプラグは、

真っ黒でした。

ガーン!!!

ということは、コイルではないのか。

車両を入手して、ふと確認できたことがある。

2番と3番のコードが入れ替えになっていた。

ダメもとで、入れ替える。

それから、30キロ走行して、チェック。

おや??完璧ではないものの、改善している。

なぜなのか。

正規と反対の取りつけであり、納得いかない。

しかし、結果であるので、これをよしとしたい。

IMG_0050.jpg

走行中、エアクリの音がうるさい。多分追加して、穴加工のせいか。




IMG_0051.jpg

穴を塞ぐために、ホームセンターでゴム栓を購入。
10個470円。



IMG_0052.jpg

このようにぴったり。
外すことも出来るので便利かな。



IMG_0053.jpg

最終的なプラグ焼け。
左から1、2、3番。

どれも問題なし。
どうしてなのか、説明はできません。

まあ、結果良ければ、全てよしというし。

ついでに、煙のチェック。
レーシングを18000回転まで回す。
整備前はNSRの暖気以上にモクモクと吐いていた。

それが、OH後、見事にない。
完璧。
原因はオイル下がりでした

燃費も測定しまして、33.5km/リットル。かなりGOOD。

実走行での10000回転から18000回転まで
ストレスなく回る。これぞ、本来の姿。

加速もMC22と互角に近いくらいになったぞ。

とりあえず、これから、冬になりますが、
ツーリングしたいね。

IMG_0054.jpg

IMG_0055.jpg



そろそろ年賀状写真を撮影しないと。
今回はCBR 2台をドーンとね。

カメラはEOS 7Dできれいに撮影だ。

CBR250R 未だ完全復活せず

やっとの思いで完成し、テストランする。

エンジン特性は以前と変化なし。
OHそのものはうまくいったようだ。
まだ、慣らしなので5000回転までがリミット。
20キロほど走って、各部チェック。

IMG_0044.jpg

エアークリーナーボックスからの音が大きいので
チェック。
ブローバイガスが増えている。



IMG_0045.jpg

原因かどうかは解らないが、網の部分のガタ
があり、振動して音になっている。



IMG_0046.jpg

えーい、撤去しちゃいました。



IMG_0047.jpg

ややうるさいので、カットした穴部分のフィルターを
2枚へ追加。



IMG_0048.jpg

水温も上がりにくくなっている。
プラ板で塞いだ。



IMG_0049.jpg

2番シリンダーだが、プラグが真っ黒に。
なおってない。
あと、考えられるのはイグニションコイル。
MC22の正常予備品へ交換。

明日またテストランして結果確認する予定。

しかし、いい加減、正常になってほしいなあ。

旧車は大変ですよ。

でも直った時のうれしさはありますが。

CBR250R シリンダーOH5

いよいよ、車体組立へ。


IMG_0037.jpg

マフラーは、エギゾースト廻りのカーボン付着が多く、
削ってエアーブローし、取り付け。



IMG_0038.jpg

ラジエターの組み付け。



IMG_0039.jpg

クーラントの注入。
MC19は、最初なかなか入らない。
キャップ下にサーモスタットがあるせいか?
エアー噛みがひどい模様。
エアー抜きに時間がかかった。




IMG_0040.jpg

キャブを取りつけし、ガソリンタンクをセットして、
初始動を試みる。
おや?かからないよ。どうして???
キャブレターへガソリンが回っていない模様。
すると、ポンプ故障か?しかし壊れていない。
もしかして、エンジン不良?
確かめるために、キャブレタークリーナーを
直接キャブへ入れて、始動すると、
かかった感じ。一瞬ですが。
ということは、エンジン、電装OK。タンクつまりか?
コックを開けると ドバッ とガソリンが出る。
わけわからないので、キャブへ直接ガソリン
補給して、なんとかかかった
ほっ!!!



IMG_0041.jpg

カストロール2ストオイルを入れていたので、いい香りが漂う
しばらく暖気。



IMG_0042.jpg

クーラント、オイルの漏れチェックはOK。



IMG_0043.jpg

とりあえず、完成。ちょい近所を走るが、問題なし。
煙も収まり、オイルの焼けたきつい香りが
なくなったような気がする。
おおっ、直ったか。

次回テストランして判断します。
プロフィール

88NSR250RSP

Author:88NSR250RSP
一昔前のレーサーレプリカを整備し、ツーリングを楽しんでます。
写真カメラも本格的に始めて紹介していきます。
本館HPの正ちゃんミュージアムも宜しくです。

ミク時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村ホンダ
リンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
251位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
108位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ヤフーオークションCBR
ヤフーオークションNSR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村