白銀の大晦日

ついに、今年もファイナル。

1年間は早いもんですね。

今朝は朝に積雪していました。

IMG_0003-s.jpg

真っ白です。気温も0度近い。
この寒さは元旦まで続くとか。



IMG_0005-s_20101231123057.jpg

雪が舞ってきれいでした。



IMG_0006-s_20101231123056.jpg

こういう日はプラモ作りが一番。

結構進みました。

今年は秋からブログ立ち上げしまして
更新が大変でしたが、HPより
制作が容易で、3日に2回は更新できました。

来年もできるだけ更新を頑張って
HPも新しいページ作りしたいと思います。

また来年も宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

もうひとつの趣味

12月30日になりました。
朝から、荒れた天候で、気温低下し、
この冬一番の寒気がやってきてます。
かなり厳しい寒気のようです。

バイク整備や乗ることは、やめて
もうひとつの趣味で、年末をゆっくり
過ごしました。

子供のころ、よくプラモデルを買って
作っていた、という方も多いと思います。
といっても30代後半以降の方でしょうかね。

熱中して作っていた、小学、中学時代とは
違い、今は作らずに所有していることで
満足していました。
作ってなんぼのプラモです。
ということで、作りを再開しました。

プラモも様々ですが、学生時代といえば
ドイツ戦車で、第二次世界大戦ものが
好きでした。

作り始めたのは、
アカデミーという、韓国のメーカーのもので
ドイツ ヤークトパンサー 1/25スケール。

そんなメーカー知らないよっという方もいらっしゃる
でしょう。
日本のメーカー定番はタミヤ。
今はないけど、バンダイ、ニチモなどありましたね。

最近は外国ものが多いです。
クオリティーも日本製と同等です。

戦車はタミヤはもちろん、ドラゴン、アカデミー、
トランペッターというのも有名になってきました。

IMG_0003_20101230112307.jpg

価格は4000円とリーズナブル。

知らない方も多いと思うので、紹介します。

戦車の中でも、砲塔がない、駆逐戦車とも呼ばれる
タイプで、ベースは?号戦車 パンサーがベース
になってます。
強力な88mm砲を搭載し、前面装甲は100mm。
生産数は1000台も満たなかったですが、
連合軍相手に、圧倒した戦闘力がありました。




IMG_0004_20101230112307.jpg

ほんの少し作ってから、放置プレイしてました。
シャーシーから作っていきます。



IMG_0005_20101230112307.jpg

所有しているプラモコレクションを見てください。

これは、?号戦車 1/35スケール。
ドラゴン製
7.6mm機関砲が2コ。
歩兵の支援程度しか使えない軽戦車です。



IMG_0006_20101230112404.jpg

?号戦車。1/35スケール。
タミヤ製
20mm機関砲搭載。
これも歩兵支援程度でした。



IMG_0007_20101230112404.jpg

?号戦車。1/35スケール タミヤ製
大戦初期から活躍した戦車です。
初期タイプは37mm砲搭載。
ソ連侵攻してから、火力不足で、その後
50mm砲へアップ。それでも厳しかった。
最終N型は短砲身の75mm砲搭載。



IMG_0008_20101230112359.jpg

?号突撃戦車。
砲塔なしの75mm砲搭載。
低いシルエットと強力75mm砲で
ソ連戦線で活躍してます。
ソ連軍もまねした戦車を開発投入しました。



IMG_0009_20101230112359.jpg

?号戦車。1/35スケール タミヤ
大戦中、最も生産が多く、主力戦車でした。
75mm砲搭載。
しかし、ソ連軍のT34戦車には、
厳しい状況で、撃破されていきました。



IMG_0010_20101230112359.jpg

?号 パンサー戦車 1/48スケール タミヤ
ソ連のT34ショックから開発された、大戦中
最もバランスのいい戦車。
75mm砲搭載。
75mmといっても、タイガー?戦車の88mmより
破壊力があったそうです。
スラントした前面装甲が特長。



IMG_0001_20101230112307.jpg

?号キングタイガー戦車 1/16スケール タミヤ
第二次世界大戦最強を誇った戦車。
アメリカを主力とした、西部戦線へ投入。
連合軍を恐怖のどん底へ落とした話は有名。
88mm砲搭載。
前面装甲は最高200mmもあって、攻守で
凄かった。
燃料切れ車両が多く、破壊されたものは少なかった
と聞きます。
私の一番好きな戦車ですね。



IMG_0002_20101230112307.jpg

シャーシーはスチール製。
1/16はかなりでかいです。



IMG_0011_20101230112427.jpg

ヤークトタイガー 1/48 バンダイ
150mm砲搭載。
ベルリン線で最後の勇姿です。
ソ連戦車はこれにヒットすると、ほぼ撃破
できたようです。




IMG_0012_20101230112427.jpg

E100戦車 1/35スケール ドラゴン
試作で終わった幻の戦車。
150mm砲搭載。
こんなの量産されたら、破壊できないのでは。



IMG_0013_20101230112427.jpg

マウス戦車 1/35スケール ドラゴン
1945年4月 2両のみ戦線投入
1両は砲塔が外れて、爆破放棄したとか。
もう1両も不完全な状態であったが、ソ連が接収。
2コ1で完成した車両があり、ロシアの戦車
博物館にあります。幻の重戦車。
これを作ったメーカーはポルシェ。
車で有名ですね。
エンジンで発電機を回し、モーター駆動するという
凄いシステム。



MAUS.jpg

これがマウス。
150mm砲と75mm砲を搭載。
250mmの装甲で、動く要塞ですか。



T3476.jpg

ソ連軍の傑作戦車 T34?76型。
76mm砲搭載。
傾斜装甲はドイツ軍の攻撃を跳ね返し、
この戦車があったからこそ、ドイツに勝ったとも
いわれてます。



T3485.jpg

後期タイプのT34?85型。
ドイツのパンサーに対抗して、85mm砲へUP。
量産性が良く、大戦後の朝鮮戦争、中東戦争まで
活躍しました。
1945年8月にソ連が日本軍へ攻め入り
T34戦車の戦闘力は度肝を抜かされたのかも
しれませんね。



3_20101230112612.jpg

?号戦車。
75mm砲弾も見えますね。


5A.jpg

パンサー戦車。



6B.jpg

キングタイガー戦車。
ドイツ語ではティーゲル?
ティーガー?とも呼ばれる。



6E.jpg

タイガー?。
これも1942年に実戦投入され、
無敵を誇りました。
この戦車を見たら、逃げていったという逸話が
あります。



M4.jpg

アメリカの主力M4シャーマン戦車。
75mm砲搭載。
ドイツのパンサー、タイガーには歯が立たず、
数をもって集中攻撃し、対抗したそうです。
ドイツからは、ストーブ戦車と呼ばれました。
簡単に撃破でき、すぐに燃えるから。



97_20101230112612.jpg

日本軍の97式戦車。
今まで見た中で、貧弱ですよね。
これではT34、シャーマンと対抗すら無理。
57mm砲搭載。
日本軍は陸軍へ積極開発はできなかったようです。



100.jpg

ドイツ軍人の写真。
襟元に、勲章が見えますね。



102_20101230112645.jpg

この写真もそうです。



101_20101230112645.jpg

これは鉄十字勲章といいます。
活躍した兵士へ贈られる。
この勲章には
2級、1級、柏葉付騎士鉄十字勲章(上級将校)
などあります。



IMG_0023_20101230112530.jpg

私が持っている、2級鉄十字勲章で実物です。
現在の相場は2万円くらい。
1級は5万円くらい。
柏葉付ともなると100万円を越えます。

ダイヤモンド付柏葉騎士鉄勲章というのがあり
市場価格は想像もつきません。
何千万円??



IMG_0022_20101230112530.jpg

ということで、塗装をしつつ、完成は
当分先かな?



IMG_0021_20101230112530.jpg

うちでリラックスして過ごすポメの
ななちゃん。



IMG_0014_20101230134743.jpg

バイクのプラモあります。
NSR500



IMG_0015_20101230134743.jpg

ZX12R



IMG_0016_20101230112458.jpg

RZV500R



IMG_0017_20101230112458.jpg

CB900Fボルドール



IMG_0018_20101230134742.jpg

RG250ガンマ



IMG_0019_20101230112531.jpg

めずらしい赤ガンマ



IMG_0020_20101230134742.jpg

VT250Fもあったりします。

はあーー、編集大変でした。

現在、子供へプラモを買ってあげて
製作にはまってます。

マニアックなご紹介致しました。

MC17マフラーインプレ

MC17マフラー取り付け後のテストランは
まだでしたが、今日乗りました。

品のいい静かなサウンドです。

始動が悪く、5分くらいかかります。

暖気して、走る。

低速は変化なし。あえて言うなら
静かな排気音。

10000回転までは、フラットで
明確な曲線的加速ではない。

18000回転まで引っ張る。

スムーズにフラットな特性で
回っていく。

スムーズだが、パワーバンドらしい
鋭い加速感がない。
感覚的にはパワーダウンではと
思える。
体感的だけならいいが、本当にパワーダウン
とすると、使えないしね。

もう一度、比較のためにMC19マフラーへ
戻す。

排気音は、レーシーな感じで、ややうるさい。
レスポンスはMC19マフラーがいいのでは。

テストランする時間がなく、次回へ。

設計が少し違うので、実働ではあるが
MC19用がベストなんだろう。

本来なら社外マフラーと、言いたいが
このエンジンの扱い易さを捨てて
高回転重視なら交換の意味があります。

街乗りならSTDマフラー以上のものは
ないと思います。

ブレーキパッドのインプレします。
付けて、当たりがないうちに、効きが断然いい。
ガツンと初期タッチの効きが凄い。
当たりがついたら、NSR並みになるかも??
パッドで変わるもんですね。

あと今年も2日。

天候は悪くなり、雪の予報で、
うちでゆっくりするか。

そういえば、作りかけの戦車のプラモあった。
続きを作るかな。

ブレーキ強化2

今年のお仕事が完了しました。

振り返ると、1年が早いこと。
1月から4月はCBR250RRのレストアと
トラブル対応。
エンストに泣かされました。
GWでは、3泊4日の1200キロの走行で
大きなトラブルもなく、走りきり
楽しかった想い出に。

6月は88NSR250R SP3号機の
リフレッシュメンテナンス。
フルリビルトエンジン搭載して、
絶好調です。

7月には、突発的にCBR250Rを
買ってしまった。
機関は好調と思いきや、始動性不良
オイル下がりで、これまた泣かされた。
8月の盆休み返上で、酷暑の中、レストア
しました。汗が何リッターになったことやら。

秋には完成したCBR250Rでロングツー。
これも大きなトラブルなく走りきった。

まだ、完璧でない。
あとはキャブレターのチョーク系不具合のみ。
なんとかゲットして交換したい。

と、なんだかんだで、年末に。

ほとんど、CBR250R(R)イヤーでしたが
こんなにおもしろいマシンはなかなかありません。
今更ながら、絶賛したいですね。

来年はCBR250Rを完調にすることと、
88NSR250R NEWプロジェクト
を企画してます。まだ内緒です。

ということで、ブレーキホース交換しても
いまいちの結果で、パッドを交換することにした。
デイトナ赤もなかなかいいはずなのだが、
あくまでWディスク前提でないと厳しい。


IMG_0001_20101228151817.jpg

デイトナのゴールデンパッドにしようとしたが、
欠品していて、RKのシンタードメタルにしました。



IMG_0002_20101228151816.jpg

やや、ディスク磨耗するのではと、ちょい心配。



IMG_0003_20101228151816.jpg

装着。1個交換でOKなので、財布にやさしい。



IMG_0004_20101228151816.jpg

MC17ステンマフラーのサイレンサーへ
HRCステッカーチューン。
というか、キズかくししたいので。

で、今年の整備はおしまい。

天気よければ、走りたいが、天候がよくない。

年始に走れるかもね。

88NSR250R SPカタログ

今朝は積雪となってました。

久しぶりの銀世界


IMG_0001_20101227093029.jpg


88NSR250R SP のカタログより

88SP.jpg


いやあ、かっこいいですねえ。

1988年6月に借金して買いました。
3000台限定 66万円。

今でも、納車して、乗った印象は憶えてます。

なにせ、カルチャーチョックを受けたマシンでした。

今日が仕事収めへ。

がんばろう!!!

6年前は

今年もあと残すところ、5日となりました。

今日は雪が降り、とても寒い。

何もできそうにない。

6年前に、NSRのロスマンズマシンが揃った
写真をご覧ください。

87と89はオリジナルカラーです。

ロスカラーはやっぱかっいいね。



P5240001-s.jpg

P5240003-s.jpg

あと、仕事納めまで2日。

頑張って、いい正月休みにしよう。

そういえば、去年の今頃はCBR250RR
レストアで大変な時期でしたね。

今年はのんびりかな。

ネット販売で、山形の出羽桜という
生酒を購入して、これがまたうまい。
正月はこれできまりだね。

img10631523205.jpg

これですよ。
飲んだことない方は是非ご賞味ください。
誰もが味に納得します。

マフラーリベンジ

前記事で、MC17マフラー取り付け、やめてしまった
と、書き込みしましたが、えーい、こうなったら
意地でも付けるぞと、リベンジ開始。

まずはステンレス用ドリルが必要。

ホムセンへGO。


IMG_0016_20101224165353.jpg

買ったドリル。
ボルトはM8なので、9mmまであける必要がある。
しかし、ステン用は高い。
セットものと9mmドリルで3000円支払い。
財布に痛い。



IMG_0017_20101224165353.jpg

3mmからスタートするものの、なかなか切り込まない。
そうしているうちに、ドリルがぼっきりと折れる。
ガーン。
3.2、3.5、4.0と貫通するまでに
30分以上格闘した。
ダメじゃん、このドリルは。
その後、5、6、9mmと拡大へ。



IMG_0018_20101224165353.jpg

やっと開いた。疲れたなあ。
たったの2mmちょっと鋼板に時間がかかるとは。
しかし、これで取り付け可に。



IMG_0019_20101224165353.jpg

取り付け完了。
エンジンスタート。
MC19より、品がある音。
ちょっと乗ったが低速は問題なし。
これで、テストランして、使用していくか
検討していきます。

今日はフューエルポンプ作動不良が発生しました。
信頼性がないので、撤去。

旧車はほんと、大変ね。

ブレーキ強化

クリスマス寒波到来して、とても寒いです。

CBR250Rのフロントブレーキはシングル
ディスクなので、効きがいまいち。
マスターにはMC22とパッドはデイトナ赤パッド
で、向上しているはずなのだが、MC22のよう
にはいかない。
あとは、ホース交換である。
で、交換してみよう。

IMG_0001_20101224125127.jpg

まずはカウルばらしから。



IMG_0002_20101224125127.jpg

ブレーキ液が飛び散ると、塗装が剥げるので
養生としてウエスを敷く。



IMG_0003_20101224125127.jpg

購入したホース。
3300円でした。



IMG_0004_20101224125127.jpg

いつものごとく、ツールを使ってエアー抜きへ。



IMG_0005_20101224125127.jpg

少々、マスターにエアーがあり、ハンド対応で
エアー抜きする。



IMG_0006_20101224125203.jpg

バッチリ。
タッチはガチッとした感じに
いかにも効きそう。



IMG_0007_20101224125203.jpg

最後にスパイラルチューブをホースに巻きつけて
完了。



IMG_0008_20101224125203.jpg

実はMC17ステンレスマフラーゲット。



IMG_0009_20101224125203.jpg

錆びがでないのはいいねえ。



IMG_0010_20101224125203.jpg

転倒キズがあり、修復する。



IMG_0011_20101224125235.jpg

電動ワイヤーブラシで、スバッと。



IMG_0012_20101224125235.jpg

まあまあきれいになった。



IMG_0013_20101224125235.jpg

あとはピカールで仕上げ。



IMG_0014_20101224125235.jpg

よっしや、まあまあの仕上がり。
キズ跡はステッカーで。



IMG_0015_20101224125234.jpg

しかし、大問題発生

サイレンサーの穴位置が違う。
写真の穴から左へ14mm。
穴あけしようと、ドリルでやったけど
ステンレスは硬い。
まったく刃がたたないようー!!
ステンレス専用ドリルがないとNGみたい。
持ってないし。
買ってやってもいいが、設計が若干異なっていて
性能ダウンになりかねないと判断。

とりあえず、あきらめて、元に戻しました。

またMC19マフラーのきれいなやつ
探そうか。

失敗も経験のうちです。
授業料と思えばよろしい。

チャレンジ精神大切です。

皆さんも、情報収集してから、とりかかる
というのも、失敗確率へ確かに減りますが、
失敗してこそ、イレギュラー発生時の
対処能力は格段に上がり、スキルアップしますよ。

とりあえずやってみる は 旧車維持に
必要かと思います。

いかがでしょうか。

CBR250RRエンジンOH部品

CBR250RRのエンジンオーバーホール部品
をご紹介します。

ページでも散々な目にあった、オイル下がり。

4ストエンジンなので、フルOHは1回もすれば
しばらくは大丈夫という感じ。

2ストはその点、大変ですね。

では紹介していきましょう。

IMG_0001_20101221092044.jpg

まずはシリンダーヘッドガスケット。
一度ばらすと交換が必要です。
3000円近くする。



IMG_0002_20101221092044.jpg

このゴムはシリンダーヘッドカバーガスケット。
プラグのシールも交換します。
劣化するとオイル漏れしますね。



IMG_0003_20101221092044.jpg

Rカバーガスケット。
クラッチ交換時には必ず必要です。



IMG_0004_20101221092044.jpg

Lカバーガスケットとオイルパンガスケット。



IMG_0005_20101221092043.jpg

クラッチプレート。
NSRより1サイズ小さめ。
これで大丈夫なのという小ささ。
磨耗もしていき易い。



IMG_0006_20101221092112.jpg

クラッチスプリング



IMG_0007_20101221092112.jpg

これは、バルブステムシール。
16個必要で9000円にもなります。



IMG_0008_20101221092112.jpg

ピストンリング。
腰下までばらさないと交換不可。
簡単に磨耗はしないものの、交換は厄介。



IMG_0009_20101221092112.jpg

ピストンピンとCリング。

とまあ、最低限度の部品をご紹介しました。

合計の部品費用はうん万円もします。
4発ゆえにコストもかかりますね。

OHはすぐにする予定はありません。

部品がなくなってから、買えませんし
旧車維持での部品ストックは最重要と考えます。


CBR250Rのエンジン始動チェックしました。
結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NGでした。

キャブ交換決定です。

でもなかなか見つかりません。

キャブレター同調

最近、めっきり冷え込みしてきました。

冬場も少しはバイクに乗るため、

ウインターグローブを新調しました。

IMG_0001_20101218144143.jpg

生地が厚めになると、操作性が悪くなるのだけど
このグローブはかなり良い。

保温性もまあまあで、氷点下でなければ
使用に耐えられるかな。




CBR250Rのエンジン始動しようとセルで
回す。かからない。
チョーク加減をいくらしてもNG。
1番プラグの火が入りにくいので
プラグチェック。
かなりガソリンで濡れています。
ということは濃い。
プラグ洗浄すると火は飛んでました。
やっぱりキャブ不良か?

IMG_0002_20101218144143.jpg

不良と決め付ける前に最後の手段として
同調することにした。



IMG_0008_20101218144209.jpg

キャブの下に同調用ボルト穴があります。



IMG_0006_20101218144210.jpg

1番はジョイントを取り付けする。



IMG_0007_20101218144210.jpg

4番も同じく。



IMG_0005_20101218144210.jpg

2、3番も取り付けOK。



IMG_0003_20101218144143.jpg

エンジンスタートして1500回転へ
合わせる。
常に針が上下するので、写真とは若干違うものの
1、4番の負圧が80mmほど高い。



IMG_0004_20101218144142.jpg


3番が基準で、
2番を3番と同じように調整。
次に1番を3番と同じようにする。
最後に4番を合わせて完了。

結果として、1、4がアイドル状態において
スロットルバルブが開いている状態です。

チョーク作動時は基本的にスロットル開けないで
行うために、ずれが始動不良の原因とも
推測できる。

テストランしたが、レスポンスがかなり良くなった。

始動テストはまたの機会に試そうか。

これでNGならキャブ交換あるのみ。
プロフィール

88NSR250RSP

Author:88NSR250RSP
一昔前のレーサーレプリカを整備し、ツーリングを楽しんでます。
写真カメラも本格的に始めて紹介していきます。
本館HPの正ちゃんミュージアムも宜しくです。

ミク時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村ホンダ
リンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
123位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ヤフーオークションCBR
ヤフーオークションNSR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村